鳥取温泉(とっとりおんせん)

鳥取温泉

県庁所在地に温泉が湧くのは全国的でも鳥取市だけ。風雅な温泉旅館だけでなく、素朴な温泉銭湯も点在。早朝から深夜まで地元客と一緒に楽しめます。交通の便も良いので、市内近郊の観光やビジネスの拠点として最適です。

  • ○平均温度:45度
  • ○主たる泉質:塩化硫黄塩泉
  • ○適応症:リューマチ、神経痛、慢性皮膚病、慢性婦人病など
鳥取温泉

鳥取砂丘

福部町の日本海沿岸にひろがる「鳥取砂丘」は、山陰海岸国立公園の西端に位置し、東西16km・南北2km・最高起伏92mにわたる日本最大のもので、三万年の歳月をかけて生まれました。とりわけ、風の強さと方向によって生ずる「風紋」の美しさは格別です。

鳥取砂丘の周辺には、旅館・ホテル・食事処・お土産販売所などが多数あり、鳥取観光のメッカとなっています。また展望温泉浴場「ふくべふれあいランド」や、「滝ヶ磯」の中国自然歩道、伝説の池「多鯰ヶ池」、「観光農園」など、のんびりと自然散策や体験メニューも楽しめます。また、遥かかなた日本海に浮かぶ「漁火」は、見るものをロマンティックな世界へと誘います。

鳥取砂丘

樗谿公園(おおちだにこうえん)

初代鳥取藩主・池田光仲が創建し、古くは因幡東照宮と呼ばれる「樗谿神社」への参道に整備された公園。
「ふるさといきものの里百選」(環境省/1989)に選定されており、夏には2000〜3000匹以上のホタルが乱舞するホタルの里として有名です。

近くには「鳥取市歴史博物館(やまびこ館)」があります。
園内にある梅の名所「梅鯉庵(ばいりあん)」では、3月上旬に紅白の梅が見事に花を咲かせます。

樗谿公園

宿泊のご予約はこちら