関金温泉 (せきがねおんせん)

関金温泉

きれいなことでは他に類を見ないもので、伯耆民談記では、あまりお湯がきれいなことから「銀湯」なり、と記され、以後「白金の湯」と呼ばれています。

約1250年前に発見されたといわれており、かつては作州街道の宿場町として賑わっていました。お湯がきれいなことから古くから「白金の湯」の名で親しまれています。

関金温泉 (せきがねおんせん)

清流遊YOU村

せきがね湯命館(都市交流センター)より車を使い25分で清流遊YOU村に着きます。

大山山麓を流れる小鴨川。その源流は特産ワサビの花も美しい。まさに清流の里。一年を通じて訪れる釣り仲間の姿が絶えない絶好のロケーション。「清流 遊YOU村」でしか味わえない四季折々の自然を存分に満喫してください。

清流遊YOU村 (せいりゅうゆうゆうむら)

亀井公園

4月中旬には公園全体に町の花であるミツバツツジ(自生)約6万本が満開となり、頂上の展望台からは関金町内、蒜山、大山が一望できます。(「健康の森」として鳥取県から指定されています。)

亀井公園4月の第三日曜日に春の祭として「関金つつじ温泉まつり」が開催されます。温泉街をメインに踊りのパレード等が行われます。

亀井公園 (かめいこうえん)

宿泊のご予約はこちら