倉吉(くらよし)

 

白壁土蔵群・赤瓦

市内を流れる玉川沿いには、昔ながらの土蔵や商家の町並みが保存され、往時の倉吉の面影を残しています。白壁土蔵の多くは、江戸、明治期に建てられ、しっ くいの白い土壁、焼杉の黒い腰板、赤い瓦などが、懐かしい風情をかもしています。

静かに流れる玉川をはさんで、土蔵と商家の間には、少しそりのある小さな 石橋がかけられ、周囲の景観とほどよく調和し、ここだけゆっくりとした時間が流れています。この白壁土蔵群の一角は、ショップや工房などに改築され、倉吉 の新しい観光名所として人気を高めています。

白壁土蔵群・赤瓦 (しらかべどぞうぐん あかがわら)

 

鳥取二十世紀梨記念館(なしっこ館)

「人と梨が育む文化」をテーマに、新たな発見と体験がいっぱいの鳥取二十世紀梨記念館。中央ホールでは国内最大級の二十世紀梨の巨木が皆さんをお迎えします。天井は朝日から夕焼けまで一日の移り変わりを演出していて、時の流れを忘れてしまいそうになります。

シアターでは、中国で生まれた梨がシルクロード、朝鮮半島を経て日本へ渡り、鳥取二十世紀となるまでの壮大なストーリーを美しいハイビジョン映像で体験できます。梨の不思議ガーデンでは、巨大な梨の木の幹や土の中に入り、小さな虫になった感覚で遊べます。国内最大級の二十世紀梨、500年前の梨の葉の化石など世界の梨に関する展示もいっぱいです。

鳥取二十世紀梨記念館 (とっとりにじっせいきなしきねんかん)

 

打吹公園

倉吉市の中心にそびえる打吹山の山麓にある公園で、「日本の都市公園100選」に選定されています。また「桜名所100選」にも選ばれ、桜とツツジの名所 として知られ、園内には4,000本の桜と4万本のツツジが植えられています。中腹には見晴らしのよい展望台があり、倉吉の市街地を一望するのには最高のスポットです。

打吹公園 (うつぶきこうえん)

 

宿泊のご予約はこちら